自己PRを成功させたい

就職活動や、転職活動をするなか、じぶんをいかに、PRするかが、採用されるにあたり、重要なポイントとなります。

わたしは、ITエンジニアとして、はたらくにあたり、あまりスキルがないため、おなじ業界に転職したときは、自己PRについて、かなりなやみました。

ふつうの自己PRでは、まず、ほかの面接きぼうしゃに、負けてしまうからです。

企業は、書類選考のあたりから、選考をはじめています。書類選考を、通過するためには、ほかのひととおなじではいけません。

履歴書、職務経歴書のかきかたにもつながります。履歴書に、自己PRを記載するらんがありますが、企業が、もとめている人材にふさわしい書き方となるように、前向きなことばを、記載するとよいです。

それは、たとえ、スキルにかんすることでなくとも、どのような、たちばで、企業ではたらきたいかが、重要なポイントになります。

たとえば、特定派遣でのエンジニアの会社であれば、配属先と対等な、たちば、スキルではたらけることの強みをアピールしたり、また、企業にとっては、このひとを、採用したら、会社にとって、どんなメリットがあるのだろうか、また、ひとりの人材を、育成するのに、お金をかける価値があるのだろうかが、判断基準になります。

まずは、じぶんを採用したら、こんなメリットがあることを、つよく、アピールすることが、必要だとおもいます。

いざ、面接に、こぎつけたら、履歴書では、かけないぶぶんを、PRするとよいでしょう。

たとえば、企業が、もとめている、スキルが現状、ないばあいにつきましても、単純に、できませんと、こたえてしまうと、そこで、面談内容が、おおはばに、短縮されてしまいます。

企業も、せっかく、面談したのに、そこで、質問がストップされてしまうため、現状、スキルがなくても、今後、どういう努力をして、企業がもとめているスキルをみにつける予定にしていると、具体てきに、いついつまでに、身につける予定だと、提案すると、まえむきな回答だとおもいます。

企業にとっては、つねに、まえむきな人材を募集しています。ふあんな、はつげんを、面談ではしてしまわないように、こころがけてください。

あとは、あかるく、自信のある声ではなすことが大切です。声は、おおきく、はやくちにならないように、お腹からだすイメージではなしましょう。声がちいさいひとら、面談にむけて事前に、発声練習もたいせつだとおもいます。

自己PRの書き方ならこのサイト

自己PRが苦手なあなたへ

自己PRは、ほとんどの面接の場面で聞かれることのひとつですが、奥ゆかしい日本人には苦手な方も多いのではないでしょうか。

大きく出たなと思われないか、自慢と思われないか、自信満々で偉そうと思われないか。

聞いている側としては大切なポイントではあるのですが、確かに度を越して自身ありげに自己PRを語られると、プライド高いのかな、扱いにくそうだな、と思うこともまた事実です。

単純に自己PRが全く浮かばない人もいるでしょう。

だからといって自分のいいところはどこか聞いて回るわけにもいかないですし、何より自己PRを自分できちんと仕上げるのも大切なスキルのひとつだと思います。

まず、前者のように、ある程度アピールしたいことはあるんだけど、どう話せばいいかわからない場合。

とりあえず、確かな結果を具体的に伝えましょう。

たとえば、小学校からずっと野球をしていて協調性あります、という場合は、

「小学校から○○年間野球をしてきましたが、一度もまわりともめたり喧嘩したりしたことがありません」

よくある、体力には自信があります、風邪もほとんどひきません、というアピール。これから仕事をしていく上で非常に重要な自己PRです。

「学校で風邪が流行って学級閉鎖になるようなときも、自分は風邪をひきませんでした。学生時代は皆勤です」

など、結果を踏まえてアピールすることで、相手にもわかりやすく、嫌味なく伝えることができます。

そして、後者の自己PRが全く浮かばない人。

これが意外と多いです。自分にいいところはないと思っている人。

実際私も面接で、「私に長所はないです」といわれたことがあります。

奥ゆかしい遠慮がちな人だ、などとは全く思いませんでした。それぐらい考えてきなさいよ、が正直な感想です。

さて、自分にいいところがない(と思っている)人は、諦めて短所をひたすら書き出しましょう。

それをうまく言い方を変える。それだけがんばりましょう。

例えば、人見知り。

「人との距離を上手にとり、踏み込みすぎない付き合いをすることが得意です」

気が小さい人。

「争いごとは嫌いなので、いついかなるときもその場を穏便に過ごせるよう、気を配ることができます」

飽きっぽい。

「新しいことに挑戦することが好きなので、常に何かに興味を持つことができます」

このように、言い方ひとつで短所は長所に早変わりします。

ただし、寝坊する、遅刻する、すぐ人とけんかする、なんかはやめておきましょう。

社会人としての常識の範囲内での短所をうまく変換してください。

自己PRは、その言葉通り自分を伝えるいいチャンスです。きちんとシュミレーションをしてから面接にのぞみましょう。

就職や転職の自己PRは周囲からの客観的な評価も入れると良い

就職活動や転職活動をしているときには面接を受けることになりますが、そこでの定番の質問に自己PRというのがあります。

自己PRを考えておかないと、確実に面接で困るので、そこはあらかじめ頭に入れておきましょう。

しかし、自己PRはただ考えれば良いわけではなくて、きちんと面接官から評価されるように構成しないといけないのです。評価されるために必要なことといえば、やはりその自己PRの真実味です。

それは本当のことなのか?と面接官に疑われてしまうと、なかなか評価されないので、自分の自己PRが本当のことなんだというのを面接官に分かってもらえるように、信じてもらえるように作っていきましょう。

そのために重要になるのは自分以外の登場人物を使うということです。

自分以外の登場人物による評価を入れると、より客観的な自己PRになると思うのです。それが重要です。例えば、自分の部屋を自分が掃除したときに、自分自身で綺麗になったと思ったと話すよりも、自分以外の誰かがその部屋を見て綺麗になったねと言ってくれたと伝えた方が、説得力があるというか、綺麗さに真実味がありそうな気がするのです。

基本的に自分のことはよく見せたいと人間は考えるはずなので、綺麗さを盛っている可能性もあります。

しかし、周囲の人間が自分に関係ない立場から綺麗になったと言ってくれれば、それは綺麗さに関して盛っていない可能性が高いので、より真実味があると言えるのではないでしょうか?

それを自己PRでも入れていくと、面接官の見方としても真実味が感じられて、高評価になりやすい気がします。

したがって、就職や転職における自己PRというのは、自分自身の能力とか、経験に基づく話をするわけですが、そこには自分自身の考えのみではなく、別の誰かの評価や感想なども入れていくと望ましいのです。

自分が自己PRのネタにしようと考えているものについて、周りの人に言われたこと、指摘されたことはないか?思い出してみましょう。

そういったことがもしあったならば積極的に自己PRの中に取り入れていった方が良いと思います。

自己PRというのは志望動機と並べられるほどに重要な質問で、そこでどういう話ができるか?というのがとても大切です。

したがって、面接官の立場に立って、自分ならばどういう自己PRを評価したいと思えるか?どういう自己PRに感心するか?ということを考慮して考えていくと良いと言えるのではないでしょうか?

タスク管理と事務作業のスピードが私の売りです

自分が他の方と比べて優れていると感じる点はやはり普段からタスク管理能力や事務作業の効率化を自分で行っていく事ができるという点です。

普段から仕事の段取りや優先順位をつける事に慣れていますので、段取り良く仕事をしていく事やスピーディーに仕事を行っていく事を考える事は自分にとっても大変重要且つ職場という組織を円滑に運営を行っていく事を考える上でも大変重要な意味を持つのです。

自分自身ITエンジニアという仕事をしている以上、普段の自分のタスク管理等は当然ですが大変重要な事となるのです。

このようなタスク管理やプロジェクトの管理をいかにして上手く行っていけるかどうかを考える事は納期や社内工数を考える上でも大変重要な意味を持つのです。

素敵な自分の仕事をしていく中でいかにして時間を上手く使っていけるかどうかを考える事はどんなビジネスを行っていく上でも重要な点です。

特に部下や後輩を持ち指導育成を効率よく行っていきながら最適な組織の運営を行っていく事は高いパフォーマンスを維持する上でも大変重要な事となります。

普段から自分のタスク管理と部署単位でのスケジュール管理を徹底して行って無駄な仕事を行って行かないように配慮をしていく事も大変重要な組織運営上の方法となりえます。

普段から最適な仕事を自分で行っていく事で優れたパフォーマンスを組織全体で共有を行っていく事でより素敵な普段の自分らしい毎日を送っていく事ができれば最近社会で様々な問題として認識されている働き方等にも大変大きく関係していきます。

無駄な時間外労働等を省いて適切な仕事を組織全体で共有をしていく力が私にはあります。

働き方や生産性の改革や改善マインドを今までの社会人生活の中で学んできました。私自身のこのような経験を活かして多くの後輩や後進の育成等にも節句奥的に取り組んでいく事ができればと考えています。

今までの職場でも普段から仕事のススメ方や生産性向上の社内プロジェクトを任せられる事が多かったのです。

自分の好きな仕事をしていくだけではなく多くの素敵な仲間や同僚の生産性を上げる事を考える事で職場全体の健康や労働問題等と密接に関連した働き方ができます。

今後も御社の中で今まで経験をしてきた豊富なノウハウをアウトプットできればと考えています。自分らしく素敵な体験をどんどん多くの方に提供できればと思っていますので、このような経験を活かしてどんどん仕事を行っていきたいと感じています。