自己PRを成功させたい

就職活動や、転職活動をするなか、じぶんをいかに、PRするかが、採用されるにあたり、重要なポイントとなります。

わたしは、ITエンジニアとして、はたらくにあたり、あまりスキルがないため、おなじ業界に転職したときは、自己PRについて、かなりなやみました。

ふつうの自己PRでは、まず、ほかの面接きぼうしゃに、負けてしまうからです。

企業は、書類選考のあたりから、選考をはじめています。書類選考を、通過するためには、ほかのひととおなじではいけません。

履歴書、職務経歴書のかきかたにもつながります。履歴書に、自己PRを記載するらんがありますが、企業が、もとめている人材にふさわしい書き方となるように、前向きなことばを、記載するとよいです。

それは、たとえ、スキルにかんすることでなくとも、どのような、たちばで、企業ではたらきたいかが、重要なポイントになります。

たとえば、特定派遣でのエンジニアの会社であれば、配属先と対等な、たちば、スキルではたらけることの強みをアピールしたり、また、企業にとっては、このひとを、採用したら、会社にとって、どんなメリットがあるのだろうか、また、ひとりの人材を、育成するのに、お金をかける価値があるのだろうかが、判断基準になります。

まずは、じぶんを採用したら、こんなメリットがあることを、つよく、アピールすることが、必要だとおもいます。

いざ、面接に、こぎつけたら、履歴書では、かけないぶぶんを、PRするとよいでしょう。

たとえば、企業が、もとめている、スキルが現状、ないばあいにつきましても、単純に、できませんと、こたえてしまうと、そこで、面談内容が、おおはばに、短縮されてしまいます。

企業も、せっかく、面談したのに、そこで、質問がストップされてしまうため、現状、スキルがなくても、今後、どういう努力をして、企業がもとめているスキルをみにつける予定にしていると、具体てきに、いついつまでに、身につける予定だと、提案すると、まえむきな回答だとおもいます。

企業にとっては、つねに、まえむきな人材を募集しています。ふあんな、はつげんを、面談ではしてしまわないように、こころがけてください。

あとは、あかるく、自信のある声ではなすことが大切です。声は、おおきく、はやくちにならないように、お腹からだすイメージではなしましょう。声がちいさいひとら、面談にむけて事前に、発声練習もたいせつだとおもいます。

自己PRの書き方ならこのサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です